Wednesday, June 07, 2006

ユニバーサルカラーデザイン

今日の講義の話。

結論を言うと、色盲の人は赤と緑が区別できないってことなんだがね。

生物の実験で染色とかすると、たいがい赤と緑で染色をするんですよ。たとえばタンパク質Aは赤く染めて、タンパク質Bは緑に染めるみたいに。そうすると正常な目の人にはタンパク質AとBが細胞のどこにあるのか一目で分かるわけだ。
おれも卒論のとき緑と赤で染めた写真を使ったし。
けど、色盲の人には全く色の違いが分からず、非常にこまるらしい。

そこで、緑と赤紫にすると、正常な目の人も色盲の人もわかりやすくておすすめらしい。
最近学会とかでもそういう傾向にあるんだって。
なるほど、参考になった。
赤と緑で撮った写真をフォトショップで赤紫と緑に変える方法も教わったので、聞いてくれればおしえますよ。技術は簡単なんだけど、うまく説明するのがむずかしいんだよね。

ちなみに黒の背景に赤の文字とかも非常に見づらいらしい。
プレゼンの時とかも要注意です。

色盲って基本的には先天性のもので、なんせ日本人男性の20人に1人は色盲なんだって。
X染色体上にあるから女性では色盲の人はあんまりいないらしいんだけどね。保因者はたくさんいるらしいが。
小学校の40人クラスに1人は色盲って計算になるから簡単に無視できない問題だね。

けど、逆に正常の人には見づらいのに色盲の人には見分けやすい色っていうのもあるんだって。例えば東西線の色と南北線の色は比較的似てるけど、色盲の人はかなりはっきり区別できるんだって。

色盲の人向けのアートとかあったらおもしろいかもね。

0 Comments:

Post a Comment

<< Home