Friday, May 05, 2006

実験開始

徐々に実験はじめました。まだ予備実験ですが。
ほかの研究室の友達は結構みんなはじめているようなのでちょっと遅れをとったが、まあいいでしょう。

そう、私のテーマは改めて説明するまでもなく皆さんよくご存知の

『ナマコのキャッチ結合組織のエネルギー消費量』

です。

ではエネルギー消費量ってどうやって測るのでしょうか?
エネルギー消費量が何なのかはなんとなくイメージわくかもしれないけど、どうやれば測れるのかってわからないよね。エネルギーっていっても熱とか光とか色んな形があるわけだし。

答えは「酸素消費量」です。
生物っていうのは呼吸の原材料に炭水化物を使っても、タンパク質を使っても、脂肪を使ってもほぼ同じ割合で酸素が使われ、エネルギーが生産される。いわゆるATP(アデノシン三リン酸っていう物質)。だから、酸素消費量を測れば、その生物の組織がどれくらいエネルギーを消費するか分かるわけです。私の実験ではまずナマコを解剖して、ナマコから酸素消費量を測りたい組織だけ切り取って、密閉した容器に海水と組織をいれて酸素がどれくらい減っていくか測定するわけです。

たったそれだけ。

ちなみに酸素消費量はどうやって測るかっていうとね、
実はまだ詳しい原理を理解できてないんだけど、、、
海水に電極を入れて電気分解みたいなことやると酸素が測れるらしいです!

中学校でやったでしょ?水の電気分解。あれと同じ原理らしい。

簡単でしょ。

3 Comments:

Anonymous Anonymous said...

I say briefly: Best! Useful information. Good job guys.
»

July 18, 2006 9:34 PM  
Anonymous Anonymous said...

Interesting website with a lot of resources and detailed explanations.
»

July 21, 2006 5:59 AM  
Anonymous Anonymous said...

I find some information here.

July 22, 2006 6:47 PM  

Post a Comment

<< Home